20170510blog

 

from:おかもと 【起業家.Lab】

 

昨日から、ほとんどの経営者がやってしまいがちな2つの勘違いについて話しております。

昨日は、「良い商品・サービスを作っていれば売れる」という勘違いについてでした。

良い商品・サービスを作るほど「売れない」理由

まだ読んでない方は、ちょっと読んでみてくださいね。

 

今日は、その続きで、勘違いの2つ目

「優秀な営業マンを育てれば売れる!」

という一般常識っぽいものが勘違いである理由についてです。

 

あなたがもし、「これは常識じゃないの?」とか、

「優秀な営業マンさえいれば、売れるに決まってるじゃないか!」と思うなら、

このまま読み進めることをおススメします。

 

それ、勘違いです。

あと、ほとんどのビジネス本とか、経営本とかではそんなこと教えてくれません。

なぜなら、書いてる人がそのことを理解していないから。

 

理由1.優秀な人材が来てくれる可能性は?

優秀な営業マンを育てれば売れる・・

たしかに、理屈は合っています。

 

社長と同じくらいの能力とスキルと考え方を持った営業マンがいれば、

バンバン契約を取って来てくれることでしょう。

それはたしかに正しいですよ。

理屈としては。

 

しかし、それは、単なる夢です。

小さな会社に、そんな優秀な人材が来てくれる可能性はほとんどないのです。

 

実際問題、あなたの会社の人材でそんな人がいなかったからこそ

僕が書いているこの「優秀な営業マンを育てれば売れるというのは勘違い」という言葉が、

あなたに突き刺さり、こうしてあなたはブログを読んでいるわけです。

 

そもそも、優秀な人材が来てくれる、育ってくれる、なんてほとんど0に近い可能性に賭けるのは、

ビジネスではなく、ギャンブルです。

 

もし仮に、あなたがめちゃくちゃラッキーな人で、その無謀ともいえるギャンブルに勝ち、

優秀な人材があなたのもとにやってきたとしましょう。

 

数か月もすれば、彼(彼女)は、自分がこの会社にとってどれだけ重要な位置を占めているかを理解してしまいます。

そうすると、彼(彼女)は、増長することになり、

「給料を上げろ」と言ってきたり、

「数字さえあげればいいんだろ」というような態度になったりして、

社内の雰囲気を壊すようなことが起こります。

 

社長であるあなたがごまをすり始め、いったいどちらが社長なのかわからない状態にもなります。

もっと最悪なのは、お客さんを引き連れて独立してしまうこと。

そもそも、あなたよりも優秀な人材が、あなたのもとでおとなしくしているはずがないのです。

 

おおげさかもしれないですが、こういう話は割とよくある話です。

 

さて、あなたはまだ、

優秀な人材に来てほしいですか?

育てたいですか?

 

 

理由2.人材がいなくても売れる仕組み作りが必要

じゃあ、生え抜きで育てればいいのか??

というと、実際、そんなにカンタンにはいきません。

 

そもそも、あなたもそれで苦労されてるのですから。

 

営業マンを育てるのは、そんなに簡単なことではありません。

なぜなら、人には向き不向きがあるからです。

 

努力すれば願いが叶う・・・??

まぁ、、自己啓発の物語としては、興味深いかもしれないですね。

 

しかし、それは甘い考えでしかありません。

「努力すればいつかきっと・・」

という考え方に通じるのは、やはり昨日の、

「良い商品を作っていればいつかきっと・・」という考え方ですね。

 

ぶっちゃけ、どちらの考え方にも共通するのは、

「甘い」ということです。

そんな風に流れだけに身を任せていても、現実にはなにも変わらない。

ダメなやつはダメ。

 

万が一、うまくいくようになったとしても、

そこに至るには相当な苦労と時間がかかるのは間違いない。

 

ですから、そもそも「社長が満足するような営業マンは現れない」と考えるほうが現実的です。

これが普通なのです。

というか、これが本当は正しい一般常識であるはずなのです。

 

にもかかわらず、多くのビジネス本や、自己啓発本はいまだに

「優秀な人材を育てよう」とか言っているわけです。

そしてそこで言われるのは、多くが精神論や、根性論。

 

あなたはどっちを信じたい?

 

営業マンがいなくても回る会社のに必要なモノ

まぁ、現実的に「優秀な人材は現れない」のだとしたら、

なにができるでしょうか?

 

社長が1人で働きまくる??

ダメダメ。死んじゃいますよ。

あなたが倒れたら、お客さんに迷惑かかりますよ。

 

この答えは、

むしろ、「そんな人材がいなくても売れる『仕組み』」を作り、

人材を取り換え可能なシステムにしておくこと

こそがビジネスの安定につながるわけです。

 

「そんな人を歯車みたいに・・?」

でも実際そうなんだから仕方がない。

そもそも、そういう考え方ができなきゃ、ビジネスは安定しない。

 

以上が、今日のお話「優秀な営業マンを育てれば売れるというのは勘違い」でした。

少しまとめると、

 

優秀な営業マンを育てれば売れるというのは勘違い

理由1.優秀な人材が来てくれる可能性が0に近い

(しかも、来てくれても、良い方向に物事が進む可能性は限りなく低い。独立しちゃったりね。)

理由2.人材がいなくても売れる仕組み作りが重要

(システム化しないと、いつまでたっても安定しない)

 

というお話でした。

明日は、「従来の営業ノウハウ」が使えない理由についてお話しましょう。

ちなみに、従来の営業ノウハウはたった2パターンしかありません。

そして、おそらくあなたが「営業」と聞いたときに思い浮かべるのはこの2つです。

 

この2つには大きな問題点があります。

にもかかわらず、多くの人はこれを迷信し、行動します。

だから、、売れない。当たり前ですね。問題があるのだから。

 

そういったことを1つずつ知っていくと、「仕組み」が作れるようになります。

ですので、明日も読んでくださいね!

 

おかもと

P.S.利益を上げるためにできることを隔週でニュースレターにして書いています。

無料でPDFがダウンロードできますので、良ければダウンロードして2週間に1回読んでみてください。

1回5分あれば読めるわかりやすい内容なので、おススメです。

無料のニュースレターダウンロードはこちら!