from:おかもと 【起業家.Lab】

物価が高騰する昨今、どうあがいても、どうしようもなく価格を値上げする必要が出てきます。

これに関しては、どの業界でもやらざるを得ない値上げですよね。

 

だって値上げしないと、やってけないから。

 

でも逆に考えると、昨今は

この業界も値上げする=お客さんもお客さんの業界で値上げをしている=理解されやすい

だからこそ、「物価が高騰した瞬間」というのは値上げのタイミングとしては非常に正しい。

と言える。

 

しかし、そのときに注意しないといけないのが、「価格で競合と戦ってしまうこと」

これをやり始めると、結局「価格」のみの価値になってしまい、あとは値下げ戦争に巻き込まれるだけになってしまう。

 

値上げ前に準備しておくべき2つのもの

実は、正しく値上げして、そのまま継続してお客さんに買ってもらい続けるには、

2つのものが必要になってきます。

 

1.お客さんに届ける商品の本来の価値

2.顧客とあなたの間のコミュニケーション

 

この2つがとても重要。

まぁ、ぶっちゃけ、値上げに関わらずこれさえあればどんなビジネスもやってけるんだけど、、

それ言ったらもうこの話終わっちゃうから、、

もうちょっとだけ言わせてください。笑

 

なんで、この2つが値上げする前の事前準備として必要かというと、、

まず1つ目の、「商品価値」

ぶっちゃけ、商品を買って、その商品を使って、どんな結果がお客さんにもたらされるかってのがビジネスで一番大切なことじゃないですか。

だから、商品価値を上げることと、その価値を正しく伝えるってことがとても重要。

 

で、もう一つの、顧客とのコミュニケーション。

これが大切。

 

例えば、今まで使っていたある商品の値段がいきなり上がってたら、「え?言えよ」って思うでしょう?

それを防ぐためには、まず、事前にそれを伝えておく必要がある。

ぶっちゃけどの会社も値上げはするのだから、「それを伝えるか、伝えないか」が今後も使ってもらえるかどうかの第一の分かれ道になってくる。

 

でも、いきなりそれだけ伝えても、「は?じゃあもういいよ」とお客さんが去っていく可能性も高い。

 

だからこそ、定期的に情報を届けたり、ブログ書いたり、メルマガ書いたり。ニュースレター書いたりして、

お客さんとコンタクトを取っておくことが大切。

この時点で、「価格だけの価値」から、「あなたが発する言葉への価値」へ少しだけお客さんの感情をシフトさせておくことが大切。

 

いざ値上げを伝える前に、、

で、値上げの伝え方だけど、、

「価格が高騰したので申し訳ないですが値上げさせていただきます」

という一歩手前の段階で、

「最近原価が高騰してきており、頑張っているのですが、それがいつまで持つかわかりません。しかし、値上げをする場合は『高騰したので、、』という連絡を事前に入れさせていただきます。」

ということを伝えておくことが非常に重要。

 

そして、さらに言うなら、「値上げする理由」を「原価が上がったことで、手抜きをしたりしないためにも、値上げさせていただきます」

と言う風に逆にその値上げを利用して、商品の価値を訴える。

こういった事前準備をしたうえで値上げすれば、離れるお客は少ないし、

なによりも残ってくれたお客の価値は非常に高い。

 

値上げのタイミング

値上げのタイミングってのは2つあって、

さっきも言った通り、「原価が高騰したとき」というのが一つ。

 

もう一つは、自分の商品の価値が明らかに上がってしまったとき。

例えば、、僕のやってる仕事なんかまさにそうだけど、、

 

例えば僕が書いてるセールスレターが有名になって、依頼が殺到してしまった場合、

この場合、僕のネームバリューだけで売れてしまう可能性があるため、値上げをせざるを得ない。

逆にそれを安く売っていると、これまで仕事をくれていた人に申し訳が立たなくなるからです。

つまり、時給が跳ね上がってしまっているのに、それ以下の給料で働くことは、既存顧客にとって良くないことということ。

 

特に知識を売っている人は、この2つ目の値上げのタイミングを常に見計らって動かないといけない。

「値上げ」と言うと、結局金か、、と言われそうですが、、

「値上げ」は文化を発展させるのに必要不可欠な要素です。

 

結局のところ、「差別化」によってすべてのことは発展を遂げます。

その差別化を支えるのは「値下げ」ではなく、「値上げ」です。

値上げして、正しい価値を届けること。

これがビジネスの正しい価値の提供の仕方です。

 

という値上げの話でした。

 

おかもと

P.S.カンタンに書いてるけど、実際、値上げ前の事前準備はどの会社もやるべきことです。

いつなにが起こって物価が高騰するかわからないんだから。

その時になって焦っても、衰退するだけなのですよ。