from:おかもと 【起業家.Lab】

「半額」

「50%OFF」

「5割引き」

全部同じ意味ですよね。

 

しかし、この全く同じ意味の部分を広告上で変えると、反応率が変わります。

すると決まってこういった疑問が生まれると思います。

「具体的にどれが一番反応率がいいの?」

 

しかしですね、、

ある会社では「半額」と書いたときが一番反応が良かったり、

違う会社では「50%OFF」が良かったり、

また、ある会社では「5割引き」が良かったり、、

 

実際、会社ごとに、広告ごとに、

テストするまでわかりません!!

というのがこの疑問の答えになります。

 

最初から1つだけに絞ってやってみると、、?

この「半額」という言葉に限らず、オファー内容とかに関しても、

「半額」のほうがいいか、「返金保証」のほうがいいか、、

とか、様々なパターンがあるのですが、

 

一概にどちらがいいかということは、実際にテストするまでわかりません。

そして、テストするということはそこに多少なりともお金がかかるのは事実です。

 

実際、「売れない」ほうは切り捨てなければなりませんから。

 

すると、「じゃあもう最初から一つだけに絞ってやった方がコストがかからないで済むのでは、、?」と思うかもしれません。

たしかに、それはある意味正解です。

 

でも、長い目で見たときに、「反応率の良い方」を常に選択し続けるか、「最初から一択にするか」で、

「売り上げ」は大きく変わってきます。

 

商品が増えれば増えるほど、「コスト」よりも「売り上げ」のほうを重視しなければならなくなります。

単純に、より反応率の良いほうにお金をかければ、より多く買ってもらえるからです。

 

だからこそ、この「テスト」というのがとても大切なのです。

 

店舗型でもそういうことが大切なのか、、?

むしろ、店舗型のほうが大切です。

なぜなら、お客さんに直接会う回数が圧倒的に多いからです。

 

例えば飲食店で新しいメニューをお勧めするときに

 

お客さんが注文する前に新メニューのことを伝えるのか、、

お客さんが注文し終わってから、新メニューのことを伝えるのか、、

 

この2つの結果次第で、そのメニューの売り上げは変わります。

そして、どっちがいいかというと、それは店によって違います。

 

例えばレズトランとかなら、前者のほうがいいでしょうが、居酒屋とかなら後者のほうがいいかもしれません。

お客さんの平均注文回数なんかにも左右されますから。

 

でも、こういったテストを常に行って、データを取り続けることが「成功」へとつながります。

 

テストの結果、良いほうだけを常に選択していく。

というスタンスが必要です。

そうしないと一瞬でギャンブルになってしまいますから。

 

結局、全てのビジネスは「売り手」だけの判断では間違ってしまうことが多いのです。

なぜなら、購買の決定権を持っているのは買い手だからです。

そして、「十人十色」という言葉があるように、買い手によって全く違う思想やバックグラウンドを持ちます。

 

テストを繰り返すことで得られるメリット

テストを常に繰り返すようになると、、メリットが2つあります。

1.次のテストの答えがある程度予測できるようになる

2.自分の顧客の考え方がもっと見えるようになる

 

この2つのメリットがあるため、テストを繰り返す会社とそうでない会社では、

起業時に全く同じような社長だったとしても、10年後にはまず間違いなく、テストを繰り返す会社のほうが成長し、存続している可能性が高いです。

 

明らかに売り上げの面で差がつきますから。

 

100%成功する方法

「100%成功する方法は成功するまでやる」

この言葉は、松下幸之助さんが残した言葉です。

 

ビジネスはまさにこれです。

ビジネスでの成功の極意はテストを繰り返すことにあります。

 

「この言葉はウケる」

「この言い回しは反応が悪い」

 

こういったことが体感的に分かるようになってきます。

ぶっちゃけた話、ライティングの勉強とか、マーケティングの勉強とかよりも、

テストを実践し続けるほうが成功への道のりは近いです。

(もちろん、勉強がいらないってわけじゃないです。勉強は大切です。)

 

だからこそ、成功とは全てのテスト結果次第なのです。

 

 

そう考えると、ビジネスだろうが、プライベートだろうが、「成長する人」と「成長しない人」の相違点は「テストしているかどうか」と言う部分にあると僕は思いますよ。

常に同じミスをする人と、しない人では、ここの価値観が全然違うからです。

成長する人ほど、「テスト」を繰り返しています。

 

あなたも、自分の仕事で小さいテストから始めてみてはいかがでしょう?

「課長に出すコーヒーの味」とかね。笑

 

おかもと

P.S.ほんと、「人生ってテストの繰り返しなのでは??」と思いますね。