from:おかもと 【起業家.Lab】

一か月ぐらい前、少し遅めに起きた朝のことです。

土曜日だったか、日曜だったか、、覚えてないけど。

 

テレビがついていたので、朝の情報番組を見ていました。

特集に組まれていたのは、

「懸賞の達人のマル秘当選術」

のような企画。

 

なんとこの達人、これまでに

3500万円分の懸賞を当ててきたらしい。

すげー!!
達人の当選テクニックには、

文字の裏写りを避けるため、油性ではなく水性ペンで書く

とか、

他にもいろんなテクニックを使っていました。

(話半分で見ていたので、そこはうろ覚え 笑)

 

で、その達人は最後に

「これが当選するためのもっとも大事なポイント」

ということで、以下の条件をあげたのです。↓

「デコレーションはシンプルにして、文章をメインにする」

他の懸賞マニアは、

やたらカラフルだったりかわいいデザインのシールやテープでデコレーションをして

とにかく目立とうとするそうです。

 

しかし、達人はそうではありません。

デザインはシンプルにして、

・どんなシーンでそれを使いたいのか?

・それを応募した理由

などの文章をしっかりと誤字脱字がないか?

までチェックして、応募するのだそうです。

 
この一言を聞いて、

「セールスレターとまったく一緒だな」

と思いました。

 

セールスレターも同じように文章が主体です。

それをサポートする引き立て役がデザイン。

 

だからシンプルなデザインでいいんです。

それでもコピーがしっかりしていれば、売れます。

 

逆にガチャガチャしたデザインは

成約率を下げる大きな要因になりますからね。

 

 
本当にそうか?

と思う場合は、アップルの

ホームページを見てみるといいですよ。

 
青や赤や黄色のハイライト、使ってますか?

背景色に、豪華そうなデザインを施しているでしょうか?

答えはノーです。

じゃあ、それらを使っていないと高級には感じないかというと?

いえ、逆に超高級感が出て

かっこいいと、僕は感じます。

 

だから、、、

デザイナーにデザインしてもらうお金がなくてかっこいいページが作れない?

全然大丈夫です!

ワードにセールスレターを書いて、それをPDF化し、サーバーにアップロードする。

それだけで立派なセールスレターができあがります。

 

僕が書くセールスレターは基本的にワードで書いて、PDF化がほとんどです。

装飾すると、読者の目がいろんなとこに分散されてしまってよくないので。

 

 

ぶっちゃけデザインゼロでも大丈夫なわけです。

 

ちなみにですが、、

たまにやたらデザインだけにこだわってかっこよさげな広告とか来ますけど、、

文章見たら「なにがいいいたいかわからない・・」というようなものが多い。

 

街の広告屋さんに広告を発注する場合、注意が必要なのは、、

「誰が書くのか」

という部分。

ぶっちゃけ、あなたと広告屋さんだったら、

あなたの仕事についてより詳しいのはあなたです。

 

それを丸投げすると、どうなるか、、想像つきますよね。

そして広告屋に多いのが、「とりあえずかっこいいデザインにしとけば・・」みたいな・・

 

そんなラフ案が上がると、、

「おお。なんかすごい。お客さん来るかも」となるのだけど、実際は来ない。

だってなにが言いたいかわからないんだもん。

 

だから、デザインばっかこだわってて、内容に全くこだわらない広告は、、

お金と時間の無駄です。

そこらへんご注意を。

 

昨日の「伝える力の上げ方」の話でも言いましたが、、

大切なのは

「自分が伝えるため」ではなく、

「相手に伝わるため」です。

 

図とかでわかりやすくするとか、そういうのはとても大切ですが、、

デザインでガチャガチャさせるのは、、

単なる逆効果です。

 

それこそ、会話をするときを想像するといいですが、

会話では図などは使えません。

そんなときにやたら目がちかちかするような服を着ていたら、、

相手の意識はあなたの話ではなく、服のほうに集中しちゃうでしょ。

ってことです。

 

自分の言葉に焦点を当てたいなら、

他の引き立て役はあくまでも引き立て役に徹さないとダメなのですよ。

人間の注意力は動物よりも低いのです。

 

なので、装飾はシンプルに。

言葉を伝えましょう。

 

おかもと

P.S.しかし、懸賞で3500万円分も当てるって、、、変態の域ですね。笑