from:おかもと 【起業家.Lab】

人は同じものでも、

「数字の大きい表現」を選ぶ。

 

ぶっちゃけCMとかでよく流れている

「タ〇リン1000mg配合!」

ってのはつまり、

タ〇リンが1g入ってるってこと。

 

そのドリンクの総量は200gとかなので、

正直量としてはめっちゃ少ない。

 

でも、1000mgって言われると、

ついつい、「え?そんなに入ってるの?効きそう!」となる。

人は大きい数に惑わされるわけです。

 

また、表現方法として

「とても聞き手にわかりやすい方法」がある。

 

・東京ドーム〇〇個分

・レモン〇個分

・スッポン〇匹分

・にんにく〇個分

 

・・・・挙げればきりがないけど、

こういうやつだ。

 

しかし、考えてもみてほしい。

あなたは東京ドームの総面積を知っているだろうか?

あなたはレモン一個分に含まれるビタミンCの総量を知っているだろうか?

 

それでも、「レモン10個分のビタミンC」

と言われると、「おお、めっちゃビタミンC入ってるやん」となる。

このときあなたはその商品に入っているビタミンの量を気にしているのではなく、

単純に「レモンを10個食べるより、こっちのほうが楽そうだな」と考えているのです。

そういった効果があるので、こういう表現をすると売れやすい。

 

また、さっきの1000mgの話に戻るけど、

「シャルパンティエ=コゼレフの錯覚」というのがこの世には存在する。

これは別名を「大きさ=重さの錯覚」と呼ばれる。

 

想像してみてほしいのですが、

「綿」1kgと、

「鉄」1kgでは、

どちらが重そうですか?

 

ほとんどの人が重そうなのは「鉄」と答えます。

でも実際には上に書いた通り、

「同じ1kg」です。

まったく同じ重さです。

 

こういった錯覚が上に挙げた錯覚です。

同じ大きさの鉄と綿なら、間違いなく鉄のほうが重いため、こんな錯覚が起きるわけです。

 

さらに言えば、

「業界シェア率4位」というよりも、

「当社の商品を4人に1人がお求め中」

 

「100名様を1%割引」にするよりも

「100名中、1人を無料」にするほうが

例え、数字が同じ場合でも、効果が違ってくる。

 

数字を使うときは工夫すべきです。

 

顧客の身近にあるものに例えたり、

大きい数字を使ったり、

何人中、何人って言ってみたり・・

 

工夫が必要。

 

おかもと

P.S.例えば1万人の見込み客がいて、その中で5%の人になにかが当たるというキャンペーンをする場合、

書き方は3通り考えられる。

 

1.抽選で5%の方に〇〇をプレゼント

2.抽選で20人に1人、〇〇をプレゼント

3.抽選で500名様に、〇〇をプレゼント

 

表現は多少変えたとしても、結局この3つのうちのどれかから選ぶことになるけど、

断言できるのは、この中で最も効果が薄いのは紛れもなく「1」であるということ。

2と3はテストしてみないとどっちが良いかはわからない。

たぶん、3だろうけど。