from:おかもと 【起業家.Lab】

もしも、あなたがセールスレターの勉強を少しでもしたことがあるのなら、、、

こんな格言を聞いたことがあると思います。

『小学5年生が理解できる文章を書きなさい』

 

この理由はシンプルです。

「読み手にムダなエネルギーを使わせない」

これに尽きます。

わかりにくい言葉は相手を殺す

「小学5年生が理解できる文章を書きなさい」

この言葉は、実際、セールスレターだけにとどまらず、

例えばお店のメニュー、看板、社員マニュアル、チラシ、広告、求人広告、社員同士の会話、夫婦の会話、親子の会話、友達同士の会話、、、

「言葉」を使う全てのシーンにおいて、非常に重要な考え方です。

 

なぜなら、、あなたの使う言葉によって、

例えば相手が疲れてしまったり、

例えば相手がイライラしてしまったり、、

 

そんなことが起こると、、

結果的にあなたの伝えたかったことは伝わりにくくなるからです。

 

ようするに、「人の言葉を聞く、または読む」

というのは、RPGゲームに例えると、

モンスターと戦闘になるようなものです。

 

ゲームには、キャラクターそれぞれのHP(ヒットポイント)がありますよね。

で、モンスターに攻撃されるとHPが減っていき、回復できないと死んでしまいます。
人の言葉もそれと同じで、

読み進めるごとに、聞き進めるごとに、、

どんどんとHPが削られていきます。

そして、ゼロになったとき、読むのをやめてしまったり、聞くのをやめてしまうのです。

 

なので、僕らはなるべく読み手のエネルギー(HP)を奪わないようにしなければいけません。

特に僕みたいにセールスレターを書いて暮らしている人間なんかはここが死活問題です。笑

もちろん、店舗の接客なんかも全く同じことが言えますよ。

 

では、相手のHPを奪わないようにするにはどうするのか。

それが、

『小学5年生が理解できる文章を書きなさい』

ということです。

疲れない文章にするポイント

まぁ、「読みやすい文章にする」ということはとても大事です。

そしてその他にもいくつか気をつけるべきポイントがあります。
それは何かというと、

特に「書く」ときのことですが、、

 

・フォントの種類

・フォントの大きさ

・色使い

・不要なデザインの装飾

などです。

これらは、多用すればするほど、反応率が下がっていきます。

 

想像してみてください。
・ガチャついた服を着ている人を見ると、目が疲れませんか?

・ガヤガヤ大きな声で話しかけてくる人、耳が疲れませんか?

・カオスな雰囲気のお店や部屋、精神的に疲れませんか?

疲れますよね(笑)

 

一方、高級なホテルやレストランは、雰囲気や設備、服装に至るまで「シンプルかつシック」な場合が多いですよね。

それと同じなんです。

なので、、、

・フォントの種類は多くても2種類程度(メイリオ推奨)

・大きさは、見やすく(普通文字12-14pt、大文字22-24pt推奨)

・基本は黒文字で、要所に赤を使う。(原則二色以内、黒と赤推奨、※黒よりもダークグレーのほうが最近はいいかも。目に優しいし)

・必要最低限のデザイン(シンプルイズザベスト)

こういったルールを取り入れてみてください。

同じ内容でも、ビックリするくらい高級感の出る(かつ読まれる)セールスレターになるハズですよ!

 

言葉として発言するときは、強調したい部分を大きくハッキリゆっくり発言しましょうね。

あと、シンプルにわかりやすく言うということを徹底してください。

 

「結果から話す」という技術や、「理由を3つ言う」という技術もありますので、、そこらへんを参考にしながら、

相手のHPを減らさずに会話をしましょう。

 

あなたの言葉は小学5年生にもわかる言葉ですか?

あなたは言葉で相手のHPを削ってはいませんか?

 

おかもと

P.S.うーむ。ゲームに例えるとやっぱりわかりやすいな。と思う僕は、やっぱりゲーマーなのだろう。